join/2019/0419/155565692601_440_440_100_auto.jpg

作家

吉田 幸央

Yoshita Yukio
join/2019/0419/155565693802_1200_900_100_auto.jpg

Biography

1960 石川県小松市生まれる
1985 朝日陶芸展奨励賞
1991 高岡クラフト展奨励賞
1992 伝統九谷焼工芸展大賞
1994 高岡クラフト展金賞
1995 日清めん鉢大賞展審査員奨励賞
1997 国際色絵陶磁器コンペティション97九谷準大賞
   第23回長三賞陶芸展奨励賞
   日清めん鉢大賞展審査員奨励賞
1999 国際陶芸ビエンナーレ99特別賞
   日本工芸会石川支部公募展日本工芸会賞
   使って見たい北の菓子器展大賞
2000 第2回現代茶陶展TOKI織部銀賞
2001 日本工芸会石川支部公募展北国新聞社賞
2002 韓国利川ワークショップ
2004 一水会陶芸部展一水会優賞
2009 伝統九谷焼工芸展大賞
2010 日本伝統工芸展高松宮記念賞
2013 現代の日本工芸展(米国森上博物館)
   日本伝工芸展60回記念「工芸からKOGEIへ」展(東京国立近代美術館工芸館)
2014 第19回MOA岡田茂吉賞展(熱海市MOA美術館)

Public Collection
石川県立美術館・小松市立博物館
インディアナポリス美術館・ビクトリア&アルバート美術館

日本工芸会正会員・日本陶芸美術協会常任幹事・石川県陶芸協会常任理事
金沢美術工芸大学非常勤講師・石川県立九谷焼技術研修所講師・九谷焼技術保存会会員

 私の家業である錦山窯は、およそ110年の間、九谷が育んできた様々な金彩技法を継承し作陶を営んでまいりました。その過剰なまでに紋様や描き込んだ、九谷焼ならではの繊細で濃密な美の世界に幼少の頃から反発を覚えながらも、先人が大切に守り育んできた金彩の美しさにいつの間にか引き込まれ、現代の生活スタイルの中に新しい表現として持ち込みたいという思いから長年制作に打ち込んで参りました。職人達の手で守り育まれてきた九谷の美の一端を、新しい表現を通して感じ取っていただき、その魅力を再発見していただけたなら望外の喜びです。

Works