join/2019/0910/156808719108_440_440_100_auto.jpg

作家

仲田 錦玉

NAKADA KINGYOKU
join/2019/0910/156808720309_1200_900_100_auto.jpg

Biography

昭和47年  石川県小松市生
平成15年  二代錦玉に師事
平成25年  全国伝統的工芸品公募展入選
                 伝統九谷焼工芸展入選
                 以後多数入選
平成28年  九谷焼伝統工芸士に認定
平成29年  石川県伝統産業優秀技術者奨励賞受賞

                 おおむらさきゴルフ倶楽部理事長杯優勝杯制作

九谷焼の代表的な画風の1つである「盛金青粒画風」。文様を特殊な絵具で盛上げ、その上に金泥を載せていく盛金技法と、イッチンを用い青絵具、白絵具を落とし描いていく青粒白粒技法。2つの技法が融合し独自の世界観が表現されています。

また、使用する金泥は、金沢箔を大皿上で数時間素手で擦る「金けし」と呼ばれる伝統的な製法で、美しい金色を醸し出しております。

Works