©2022 Komatsu KUTANI
Shape of the Future Executive Committee

artist/2021/0222/161400052529_2162_1216_100_auto.jpg

西 由香

——「新しい生活のかたち」における九谷焼を考えるうえで、どのようなところ意識して制作しましたか?

未来に進むためにまず過去を払拭したくて作りました。


——今回の作品の見どころを教えてください。

いつのまにか大きく膨らみすぎて収集がつかないことになりました。おかしなものを作る人もいるんだと笑って頂けると幸いです。


——今回の取り組みのご経験を、今後のものづくりにどのように生かしていこうと思いますか?

浄化という視点で考えたい。

略歴

artist_name

西 由香

2014年九谷焼技術研修所に入学し、3年間焼き物についての基礎を学ぶ。グループ展や企画展にて作品を発表し、現在に至る。

本展での出品作品

work/2021/0222/161400320570_2161_1217_100_auto.jpg