©2022 Komatsu KUTANI
Shape of the Future Executive Committee

artist/2021/0222/161400060335_2162_1216_100_auto.jpg

石冨 俊二郎

——「新しい生活のかたち」における九谷焼を考えるうえで、どのようなところ意識して制作しましたか?

「新しい生活のかたち」を考える上で、九谷焼の口紅や化粧品は、とても大切な想いが詰まった事を意識して制作しました。変わりゆく私たちの生活様式の中で、相手を思う気持ちがより一層必要ではないでしょうか。作り手、贈り手、使い手、三者の想いが昇華出来る作品です。


——今回の作品の見どころを教えてください。

今回、異なった表現で作品を制作しました。一点は、花言葉でフラワーアレンジメントした、込める想いがデザインされた口紅で細密に描き込み、色彩豊かで、箔を使ったところが見所で、もう一点は、薄い紫の下地に金箔を用いて表現したもので、吉祥模様の箔が細かいところが見所です。


——今回の取り組みのご経験を、今後のものづくりにどのように生かしていこうと思いますか?

私の作風は、色絵や赤絵細描で描き込んだ上に、金箔、銀箔、プラチナ箔、金粉等を使用した作品です。今回の取り組みの経験を踏まえて、よりいっそう緻密描写にみがきをかけて、抽象でも具象でも荘厳華麗な作品制作を目指していこうと思います。

略歴

artist_name

石冨 俊二郎

1975年 石川県金沢市生まれ
1997年 石川県立九谷焼技術研修所卒業、錦山窯入社、吉田美統・幸央氏に師事
2005年 伝統九谷焼工芸展初入選、石川の伝統工芸展初入選
2006年 一水会展、現代美術展
2013年 陶美展初入選
2016年 伝統九谷焼工芸展奨励賞
2021年 伝統工芸士認定

本展での出品作品

work/2021/0222/161400461699_2161_1217_100_auto.jpg
work/2021/0222/161400457995_2161_1217_100_auto.jpg