©2022 Komatsu KUTANI
Shape of the Future Executive Committee

artist/2021/0222/161400057032_2162_1216_100_auto.jpg

三田 英則

——「新しい生活のかたち」における九谷焼を考えるうえで、どのようなところ意識して制作しましたか?

今までにやった事のない成形方法を試しました。


——今回の作品の見どころを教えてください。

リアルなところ。


——今回の取り組みのご経験を、今後のものづくりにどのように生かしていこうと思いますか?

特にないです。ただまた機会があれば、日頃作っているような量産品ではないものも遊びで作ってみたいですね。

略歴

artist_name

三田 英則

1989年 金沢美術工芸大学卒業
三田製陶所代表取締役。
機械成型や鋳込み成型により、九谷の量産品の素地を中心に製造。飯碗やカップ等の食器から骨壷等の仏具まで、幅広い製品を展開する。

本展での出品作品

work/2021/0222/161400191648_2161_1217_100_auto.jpg